Red Fox

本文用ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[シーシェパード] [太地町] 浅間山(せんげんやま)侵入事件の検証

undraggable image

 シーシェパードが太地町のくじらの博物館を「超望遠で隠し撮り」したという動画を9月25日にFacebookにポストしている。
 敷地を上から見下ろす角度で撮影されているこの映像は、同館南側の立入禁止区域の山の上から撮影されているのは明らかなため、この盗撮事件に関して検証を行ってみる。

 イルカや小型クジラの追い込み漁が行われる畠尻湾の北側に位置し、くじらの博物館の南側にある南北270m、東西160mほどあるこの浅間山(せんげんやま・せんぎやま)の山上南側には公園と歩道が整備された「浅間山園地」という一般の立ち入りが許可されたエリアがあるが、この撮影ポイントは園地から北に120mほど博物館寄りの山頂付近であり、撮影者は道のない山中を徒歩で山頂の撮影地点に潜入している。

 吉野熊野国立公園の第二種特別区域に指定されている浅間山にある同園地と入口歩道には、柵の外の山地エリアへの立ち入りを禁じる標識が太地町によって表示されており、立入禁止が明示されている公有地への無断侵入は軽犯罪法や刑法、自治体条例等に抵触している可能性がある。


*こちらは本文掲載用のサテライトブログです。2016年3月以前の過去エントリーにはこちらからアクセス出来ません。
【ポータルページに戻る】



 問題の動画は9月25日にコーヴガーディアンズのFacebookページにポストされた35秒の短いクリップで、くじらの博物館の生簀でハナゴンドウが水面に浮いているというものだ。

 しかしこの短い動画の後半ではハナゴンドウは泳ぎ始めており、動画中この個体が映った実質20秒程度の映像ではその状態を「十分に物語る」speaks for itselfには全く十分ではない[>>1](この「死ぬ死ぬ詐欺」のからくりに関してはエントリー末の「余談」にて後述)。


動画は南側の山中の至近距離から撮影されている

映像に撮影場所を示す手がかりが

*カーソルを合わせると実際の垂直線とガイドを表示。
A.資料館A。左右の辺に約14度の角度差 (0'25")
B.資料館B (0'24")

C.縁石、ベンチ、看板、水中構造物など (0'23")
D.生簀の左右の辺に約10.5度の角度差 (0'33")
(シーシェパード撮影の動画よりキャプチャ)

 動画中では上記のその他の館内設備も一瞬ながら写っており、それら複数の対象物の位置関係から (急速なパンによる映像の歪みの誤差を考慮しても) ある程度の精度で撮影地点は特定出来る。[>>2-3]

 検証の結果、全てのオブジェクトの位置関係と矛盾しない撮影地点は予想通り浅間山の山頂付近となった。生簀からは約90mの距離。


くじらの博物館と浅間山せんげんやま周辺の位置関係
*カーソルを合わせると図解を表示。

衛星画像はGoogle Earth。等高線は国土地理院制作の地形図を参考[>>4]。通行止め区間はGoogle Earth参考。

 推定されるシーシェパードの侵入経路は、浅間神社跡から尾根沿いに山頂に到達というルートである。


浅間山せんげんやまは園地エリア以外は立ち入り禁止区域

 くじらの博物館に面する浅間山は、北側(博物館側)の切り立った崖の上に標高59.1mの山頂がありそこから南方向に稜線が通る縦長の山である。
 北側が以下の写真のように尖った頂きのあるピラミッド形で、畠尻湾側の南側がかまぼこ型の形状だが、小さい山ながらも南北ともに周囲を崖に囲まれている険しい地形だ。

 太地町北部の海岸にはこういった切り立った崖に囲まれた標高50m程度の山が連なり、公園として整備されている「浅間山園地」と「たかばべ園地」の2箇所とその進入路の階段を除いて登山道もなく、地形的にも人が立ち入るのは危険な岩山である。

北東側のマリナリュウム屋上より見た浅間山(北側)。崖の上にある山頂から障害物なしに生簀が撮影出来るのはこの写真上でも確認出来る。(2016年9月1日撮影) *カーソルを合わせると図解を表示。

北西側の本館正面側から見た浅間山(北側)。急斜面や崖に阻まれ山頂に行けるルートは限られている。(2014年9月15日撮影) *カーソルを合わせると図解を表示。

undraggable image undraggable image
くじらの博物館本館横の駐車場に入り口のある浅間山園地遊歩道の階段。公園として整備されていると言っても約140mの道のりで標高8.6mから39.3mまで登るというなかなかの急勾配。(2016年9月2日撮影)

 シーシェパードとドルフィンプロジェクトが殺到する畠尻湾南側の「たかばべ園地」と同様に、この浅間山園地の周囲にも以下のように立入禁止の標識があり、園地外の山地エリアへの立ち入りが制限されている。

undraggable image undraggable image
浅間山園地に二ヶ国語で表示されている立入禁止の標識。1枚目は園地入口付近の遊歩道の脇、2枚目は園地の周囲の柵。(2014年9月15日撮影)

浅間山園地側からくじらの博物館は撮影出来ない

 浅間山で唯一合法的に立ち入れるのが南側の高台にある浅間山園地だが、ここから山頂の反対側で地形的に死角にあるくじらの博物館は当然ながらここからは見えない。

 シーシェパードが自ら「隠し撮り」covertly filmedと説明しているこの動画だが、これは彼らが立入禁止エリアに侵入して撮影したものだという事は簡単な映像分析と地形分析でも容易に確定できる。

undraggable image
浅間山園地の入口から東方向。右側が畠尻湾方向、正面が熊野灘方向だが周囲に木が生い茂っており39.3mの崖の下にある畠尻湾はここからは樹木に遮られ殆ど見えないため、ここは通常活動家が寄り付かない場所である。(2014年9月15日撮影)

undraggable image
浅間山園地から更に登った展望台(浅間神社跡)の北側フェンス。山頂まで約40mだが山頂の反対側にあるくじらの博物館はここからも見えない。英語の立入禁止標識のあるここからSSは侵入している。(2017年1月25日撮影)

動画はいつ撮影されたのか?

 毎年9月1日に始まる太地町の追い込み漁の漁期中は、現地に活動家を途切れる事なしに常駐させると従来は宣言していたシーシェパードだが、今年はそれには間に合わず9月22日未明(日本時間)になって今期のキャンペーンリーダーのジェシー・トレヴァートン(英)が21日に現地入りしたとポール・ワトソンがアナウンスし[>>5]、実際にシーシェパードが太地町で活動をSNS上で開始したのは22日朝の太地漁港での写真付きFBポストとツイート以降である。[>>6]

 つまり撮影はSS到着日の9月21日から動画ポスト日の25日16:24の間という事になる。[>>7]


天候は雨上がり数時間後

 動画に写っている歩道はある程度乾いているが水溜りが残っており、水面には雨紋がなく館内に写っている人も傘をさしていないため撮影時点で雨は降っていない事を示しており、これは雨上がり数時間後というタイミングに見える。

undraggable image
歩道面はある程度乾いているが水溜まりが残っている。(シーシェパード撮影の動画よりキャプチャ)

 前述の該当期間中に雨上がり数時間後の曇天という条件で撮影可能なタイミングがあるかどうかは気象庁の過去の気象記録が参考になる。[>>8]

 太地町に近い観測点は新宮(10km)と潮岬(24.5km)で、太地町はこの2地点の間に位置するが、気候的にはより新宮に近い。

新宮 2016年9月21日〜25日
5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
9月21日 (水)
SS来日
漁なし
0.0
 
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
1.5
0.0
2.0
0.0
0.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.1
0.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
2.0
 
- - - - - - - - - - - - - - -
9月22日 (木)
漁なし
1.0
 
1.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
 
- - - - - - - - - - - - - -
9月23日 (金)
バンドウ捕獲
1.5
 
4.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
3.0
0.0
7.5
0.0
5.5
0.0
3.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.1
0.0
0.0
0.0
 
侵入? - - -
9月24日 (土)
選択
0.0
 
0.0
0.0
0.0
0.0
6.5
0.0
6.0
0.0
8.5
0.0
4.5
0.0
6.0
0.0
5.5
0.0
4.5
0.0
0.5
0.0
1.0
0.0
3.0
0.0
3.0
0.0
1.0
 
- - - - -
9月25日 (日)
捕獲なし
動画ポスト日
0.0
 
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.2
0.0
0.0
0.0
0.7
0.0
0.6
0.0
0.1
0.0
0.0
0.0
 
- - - - - - 投稿 - - -
上から降水量 (mm)、日照時間 (h)、SSのレポート場所
青背景は降雨があった時間帯、赤背景は日照があった時間帯。
緑背景はシーシェパードが追い込み漁のレポートを行っていた時間帯。港=漁港、燈=燈明崎、た=たかばべ園地、畠=畠尻湾、ベ=ドルフィンベェイス、坂=県道240号旧道。24日以降は4名が2グループに分散している可能性あり。
潮岬 2016年9月21日〜25日
5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
9月21日 (水)
SS来日
漁なし

--
 

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.1

--
0.0

--
0.0

--
0.4

--
0.6

--
0.1

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
 
- - - - - - - - - - - - - - -
9月22日 (木)
漁なし

0.0
 

0.0
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.1

--
0.6

--
0.2

0.0
0.0

0.0
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
 
- - - - - - - - - - - - - -
9月23日 (金)
バンドウ捕獲

0.0
 

0.0
0.0

0.0
0.0

0.0
0.0

0.0
0.0

3.0
0.0

6.5
0.0

5.0
0.0

0.0
0.2

--
0.1

--
0.0

--
0.0

--
0.7

--
0.1

--
 
侵入? - - -
9月24日 (土)
選択

--
 

0.5
0.0

0.5
0.0

1.5
0.0

12.0
0.0

6.5
0.0

13.5
0.0

5.0
0.0

7.5
0.0

0.5
0.0

0.5
0.0

3.0
0.0

2.5
0.0

1.0
0.0

0.0
 
- - - - -
9月25日 (日)
捕獲なし
動画ポスト日

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.0

--
0.1

--
0.8

--
0.6

--
0.0

--
0.0

--
 
- - - - - - 投稿 - - -
記号: 晴  薄曇  曇  霧雨  雨  驟雨 
上から天気記号、降水量 (mm)、日照時間 (h)、SSのレポート場所
青背景は降雨があった時間帯、赤背景は日照があった時間帯。
緑背景はシーシェパードが追い込み漁のレポートを行っていた時間帯。港=漁港、燈=燈明崎、た=たかばべ園地、畠=畠尻湾、ベ=ドルフィンベェイス、坂=県道240号旧道。24日以降は4名が2グループに分散している可能性あり。
潮岬に関しては降雨量0.0表記は0.1mm未満の降雨。

 雨が全く降っていない25日、殆ど降っていない22日と、逆に雨が止んでいない24日は除外となるが、午前中に新宮で最大7.5mm/h(潮岬は6.5mm/h)の降水、13時台には雨が上がりまだ日が照っていない23日の15〜16時台が一番条件が合う時間帯になる。

 この日は11時前にバンドウイルカの群れが畠尻湾内に追い込まれ、水族館販売用の選択作業が翌日に持ち越されたため、シーシェパードは14:17にSNS上のレポート活動を終えている。[>>9]
 つまり、23日時点で2名だった(後述)シーシェパードのうち1人が別行動をするまでもなく、このタイミングならSS2名ともに自由が効いた時間帯である。

 漁期中は物々しい雰囲気になる太地町でも活動家がいない時間帯は警備もまばらな本来ののんびりした場所になるが、この日の漁も終わりシーシェパードも引き上げたと警察が油断したタイミングだったのかもしれない。


その時現地にいたシーシェパードは?

 22日未明のワトソンのアナウンスではリーダーのジェシー・トレヴァートンしか言及されていなかったが、23日朝の時点で現場に現れたシーシェパードは2名。[>>10]

undraggable image undraggable image
9月23日10:28、たかばべ園地の入口の階段を登っている様子がドルフィンプロジェクトのライブに写り込んでいる2名のSS。先頭がジェシー・トレヴァートン。(DPライブよりキャプチャ)

 翌24日早朝に現れたSSは男女2名が加わり4名。この日初めて現場に現れた2名は23日夕方には現地入りしていたと見られるが、23日午後の侵入に加わっていたかどうかは微妙ではある。

undraggable image
9月24日6:12、ドルフィンプロジェクトのライブに写り込んでいるSSの活動家2名。(DPのテイラー・マッケオン撮影のライブよりキャプチャ)


山の「立入禁止」に関する法的問題

軽犯罪法に違反

 浅間山は国立公園の第二種特別区域の山地であり、更に自治体によって立ち入りが禁じられている公有地というケースだが、無断立ち入りは軽犯罪法第1条32項の「侵入罪」に問われる可能性がある。

軽犯罪法

第一条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
三十二  入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正当な理由がなくて入つた者

法令データ提供システム. 『軽犯罪法』, 最終改正:昭和48年10月1日法律第105号.

 私有地・公有地を問わず、不法侵入か否かは「看守者の意思に反するか否か」「正当な理由があるか」で判断されるという。

 ここでの「入る事を禁じた場所」とは管理者が他人の立ち入りを禁止することを表明した場所の事であり、土地・建物だけでなく一定の地域なども含まれる。
 これは管理者が、立て札や看板、繩張り、柵などで囲ったり看板で表示するなど誰もが認識出来るような形(口頭も含まれる)で「立入禁止」の意思表示をしていれば私的公的にかかわらず対象場所となる。

 軽犯罪法違反で逮捕されると1日以上30日未満の拘留場における拘置、または1000円以上1万円未満の科料に処せられる可能性があるという。

刑法

(拘留)
第十六条 拘留は、一日以上三十日未満とし、刑事施設に拘置する。
(科料)
第十七条 科料は、千円以上一万円未満とする。

法令データ提供システム. 『刑法』, 最終改正:平成28年6月3日法律第54号.

 浅間山園地の周囲の柵には以下のように太地町名義で二ヶ国語で立入禁止の標識が表示してあり、「入る事を禁じた場所」への侵入行為が「管理者の意思に反する」という侵入罪の条件は満たしている

undraggable image
Keep Out. Taiji Town Ordinance prohibits unauthorized access beyond this point. (立入禁止。ここより先への許可のない立ち入りは太地町条例で禁じられている。)
undraggable image
No Tresspassing/Danger/Cliff Ahead/Town of Taiji. (侵入禁止/危険/この先に崖あり/太地町)

自治体条例に違反

 上記の標識は日本語では危険による立入禁止だが、英語では更に無許可立ち入り行為が条例違反との旨が明記されている。

Keep Out. Taiji Town Ordinance prohibits unauthorized access beyond this point.
立入禁止。ここより先への許可のない立ち入りは太地町条例で禁じられている

 地方自治体は地方自治法により条例の違反者には懲役や罰金などを科する規定を設ける事が出来る。

地方自治法

第十四条 普通地方公共団体は、法令に違反しない限りにおいて第二条第二項の事務に関し、条例を制定することができる。
○3  普通地方公共団体は、法令に特別の定めがあるものを除くほか、その条例中に、条例に違反した者に対し、二年以下の懲役若しくは禁錮、百万円以下の罰金、拘留、科料若しくは没収の刑又は五万円以下の過料を科する旨の規定を設けることができる。

法令データ提供システム. 『地方自治法』, 最終改正:平成28年6月7日法律第73号.

 つまり町が設置した立入禁止を無視する行為は自治体条例違反にも該当する。罰則に関しては太地町の条例で違反者への罰則が規定されているかどうか次第。



自然公園法違反はなし

 なお、国立公園の第二種特別区域の山地への立ち入りに関しては、利用調整地区でない限りは自然公園法に立ち入りを禁じる規定はないためこれには該当しない。[>>12]


そもそもシーシェパードの遵法意識は?

リーダーはフェロー諸島で逮捕歴

undraggable imageDPのライブに写り込んでいるトレヴァートン。10月7日9:01、太地町漁協前。(DPのライブよりキャプチャ)
 今年度のコーヴガーディアンズのリーダーとして例年より3週間以上遅れて現地入りしたシーシェパードのジェシー・トレヴァートン(英)は、現在英SSの理事/ディレクターの肩書きを持ち、2015年初頭よりブリジット・バルドー号の船長になったという、いわゆるSSのエリート組である。

 トレヴァートンは2014年9月17日にフェロー諸島の反捕鯨キャンペーンにおいて小型ボートでイルカの群れを追い払った事で、捕鯨妨害行為で逮捕された3名の1人だ。[>>13]

 活動における逮捕は名誉の逮捕としてその後幹部や船長に昇進するという前例が目立つSSのアウトロー体質をそのまま体現したようなキャリアのトレヴァートンではあるが、一方でこのように実力行使活動で逮捕歴があり起訴もされている人物が現状として日本に入国し太地町で反社会活動を行なっている[>>14]

 トレヴァートンと直接話したというフェロー人によれば、彼女は目的のためなら物理的アクションも躊躇しない人物だという。


フェロー諸島では逮捕上等状態

undraggable image
フェロー諸島の海岸で住民総出で行われる伝統捕鯨「グリンダドラッブ」(フェロー語で「ゴンドウクジラ殺し」の意味)を妨害するために海に入り現地警察に逮捕されるシーシェパードの活動家。2014年8月 (TV2 Nyheder)[>>15]

 日本に活動家を送り込むようになって以来、事あるごとに「コーヴガーディアンズは日本の法律に従う」と表明しているシーシェパードだが[>>16]、例えば2011年9月1日〜2012年1月22日の間でも不法侵入や妨害行為で警察から約25件の指導警告があったなど[>>17]、軽犯罪レベルであれば警察の顔色を見ながらやりたい放題だった。
 近年は比較的大人しく見えるのは2012年度より警察と海保が増強され警備が厳重になったからに過ぎない。

 一方で、2014年度と2015年度の2期で合計28名のシーシェパードの逮捕者が出ているフェロー諸島の場合は[>>18]、捕鯨現場の1海里以内に接近しただけで逮捕という法律(通称「グリンド法」)[>>19]が制定されるなどの厳しい条件の中、手柄を立てるために敢えて違法行為を行う活動家が続出した結果だ。

 SSがそういった逮捕写真を誇らしげにウェブサイトにアップするのは、自分達が国家権力に抑圧されているという反権力ごっこに勤しむ中二病アウトロー集団の当たり屋行為による被害者演出だが、そもそもシーシェパードの本質は“大義”のための違法行為は正義であり逮捕は名誉と認識しているカルト集団である。

 そしてフェロー諸島仕込みのリーダーが来日して早々の3日目にこういった侵入事件が起こっている事が、その遵法意識が建前上の方便でしかない事を物語っている。(了)




余談

死ぬ死ぬキャンペーン

 くじらの博物館の生簀で浮いているハナゴンドウを撮影して、まるでその個体が死にかけているかのように演出するという根拠のない煽りを行うのは、シーシェパードもドルフィンプロジェクトも今回に始まった話ではない。

 昨年4月に世界動物園水族館協会(WAZA)が日本動物園水族館協会(JAZA)に対し加盟園館が太地の追い込み漁から鯨類を購入する事を禁じなければ除名すると通告し、最終的にJAZAが条件を呑んだというゴタゴタがあったのはまだ記憶に新しいと思う。

 この件に関してはドルフィンプロジェクト、アースアイランド研究所、エルザ自然保護の会、AFDを中心とするオバリー系列の各団体がWAZAに数年越しで圧力をかけていた事が分かっているが、その前年10月にSSとDPが起こした「死ぬ死ぬキャンペーン」もタイミング的にWAZAの意思決定に影響を及ぼした可能性もある。

 これは2014年10月に太地漁港の生簀で鼓脹症[>>20]で水面に浮いていたコビレゴンドウを両団体が撮影し「健康状態が悪化して死にかけている」と散々騒いだ結果、それを真に受けた米国人支持者がWAZA宛に「救えキャンペーン」のオンライン署名を起こすという展開になっている。

 消化器にガスが溜まる疾患の鼓脹症自体は投薬等で治療出来るものだが、水に潜れなくなったり体勢を立てにくくなるなど視覚的なインパクトが高い。

 そもそも弱ると水面に浮くという発想は魚の場合であり、弱って水面に浮かぶ金魚のような情景をイルカ狂は連想するのだろう。
 しかし実際は、海棲哺乳類の鯨類は弱ればむしろ沈んでしまうため[>>21]、これは支持者の誰もイルカや鯨を飼った事がなく実際の知識も経験もないという鯨類ならではの特殊な事情を利用して素人をターゲットにした「死ぬ死ぬ詐欺」である[>>22]

 このコビレゴンドウはJAZA非加盟施設が購入したもののためJAZAには監督の権限はなく、権限を持つのは農水省だと翌年3月にJAZAからWAZAに最終回答があったが、結局その翌月にWAZAがJAZAに除名警告を行っている。
 前年10月からWAZAに対して半年にわたり執拗に調査監督を要求して来たオンライン署名というタイミングを考えれば、この根拠のないプロパガンダが心象的に何らかの影響を及ぼした可能性もあり、こういった子供騙しの死ぬ死ぬ詐欺も影響力という点では馬鹿にはならない。

 この後シーシェパードは10月6日と13日にくじらの博物館に入館して敷地内でライブストリームを行っているが、弱っていたはずのハナゴンドウは普通に泳ぎ回っているので最近は何も言わなくなっている。

undraggable image undraggable image
10月13日14:10、くじらの博物館内からのSSのライブストリームでは問題のハナゴンドウは普通に泳ぎ回っており、弱っているどころか飼育員が来ると餌をねだって顔を出したり生簀内を旋回している様子が写っている。(シーシェパードのライブよりキャプチャ)

参考サイト:
山の「立入禁止」をめぐる法学.
  T.Kamo de Tokyo, 2015-06-16 16:14.
貼り紙をしたら罪!?(意外と知らない!?軽犯罪法⑱).
  矢吹保博 Media DisPatch!, 2014年06月11日12時50分
第2回 釣りの穴場は逮捕の危険も?
  R25, 2010.11.30
立ち入りを禁じる特別刑法と刑法130条 (PDF)
  江藤隆之 桃山法学 (25), 1-24, 2015-10-30, 桃山学院大学; cited in CiNii
立入り禁止で釣りをする意味
  fisnerman's mountain, 2010年9月22日
軽犯罪法1条32号と刑法130条の関係について(砂川事件)
  弁護士ドットコム, 2015年06月13日 20時12分

関連エントリー:
2011年11月の影浦侵入事件の真相 (Red Fox 2013-2-14)








脚註:

  1. ^ 20秒しかアップしていないのはむしろ「ベストショット」の映像素材が20秒しかなかった事を意味する。この2週間余り後の10月6日と13日にシーシェパードがくじらの博物館内でライブストリームを行った際にもこの生簀を地平レベルから撮影しているが、ハナゴンドウに特に変わった様子はない。Sea Shepherd Cove Guardians Page (official). "was live". Facebook, October 6, 2016 at 10:23am.; Cove Guardians. "was live". Facebook, October 13, 2016 at 14:06.
  2. ^ シーシェパードは「超望遠レンズで」with a very long lensと書いているが、彼らがターゲットにしたこの生簀の左右の辺には少なからぬ角度差があり、これだけでもこれが遠距離撮影ではない事を示すには十分ではある。画面上の角度差は9.5度だが、(Google Earthの衛星写真で見ると) この生簀の左右の辺に元々約1度の角度差があるためこれは実質の角度差。▽資料館Aの画面上の角度差は16度だがこれは急速なパンの途中の画像で、映像の歪みで左右の垂直線に約2度の角度差があるためこれも実質14度。▽一地点からのワンカットによる映像でより遠距離にある資料館A (撮影地点から生簀手前右角までは約90m、資料館Aの屋根手前左角まで131m) の方が角度差が大きいという映像上の矛盾があるが、そもそも資料館Aの映像には急速パンの歪みがあり角度差の数値が正確なデータとはならないため、撮影地点特定の根拠にはしていない。
  3. ^ 撮影地点を判明するには資料館ABのデータのみでも十分。これら建物に関しては各ポイントから垂直線を基準に下に引いた線が交差する辺のどの位置を通るかで、衛星写真上でのそれらの延長線の交点が撮影地点となる。▽CとDに関しては垂直線を判断する要素が画像上にないため、AとBで割り出した撮影位置と衛星画像上で直線で結び、位置関係に矛盾がない事の確認に用いた。▽動画では資料館Aの左側には手前の樹木がかかっており西側尾根との位置関係も矛盾しない。
  4. ^ 国土地理院の等高線は実際の衛星写真とは明らかにずれの大きな部分もあるなど精度的に問題はある。 『地理院地図』. 電子国土Web.
  5. ^Captain Paul Watson. "For The Grace of Dolphins, We Must Not Falter". Facebook, September 22, 2016 at 3:49 JST.
  6. ^ Sea Shepherd Cove Guardians Page (official). "Cove guardians are on the ground". Facebook, September 22, 2016 at 5:40.
    Cove Guardians. "Cove guardians are on the ground". Facebook, September 22, 2016 at 5:42.
  7. ^ 21日以前に潜伏していた可能性も排除は出来ないが、例年よりも現地入りが遅れている状況でこの動画を撮影するためだけに事前に潜伏して、22日までレポートを行わないという演出を行うメリットがSS側にないのと、そもそも現地情報がない渡航前から計画して実行出来るという性格の動画ではないため、トレヴァートンが来たのはやはり額面通りの21日と考えて良いと思う。▽現時点で初来日しかいないSSが到着して数日以内に人が立ち入らない山地の地形を熟知していたような行動をしている点と、白昼堂々と警察の目をかいくぐって侵入経路の限られた山中に侵入している点から、動画自体が外部提供された可能性も排除出来ないが、動画フォーマットはSSが通常ライブ以外の動画投稿で使用している1280x720px (HD) と同一である点や、この時期に太地町に出入りしていた外部活動家(ハナゴンドウが浮き始めた時期からSSが来るまで太地町にいたという条件)がDPの日本人を除いてこのフォーマットの動画を未だかつて撮影・投稿した事があるという該当するような人物がいない点と、寄付金集めに熱心なDPの日本人にしてもSSに手柄を提供するような関係ではないなど諸々の状況的にはやはり外部提供は考えにくい。地形や歩道の存在はGoogle Earthでもある程度の調査は可能。
  8. ^ くじらの博物館の開館時間は9:00〜17:00だが、館内には一般来館者の姿はなく自販機の前にスタッフらしき服装の人が写っているだけで17時の閉館後の可能性もあり、この期間の中日の9月23日の日の出と日の入り時刻の5:45〜17:52を基準にして、5時台〜19時台を撮影可能時刻として調査対象にする。
  9. ^ Sea Shepherd Cove Guardians (officlal) "Looks like Bottlenose pod will be held overnight. We will continue to check on them.". Facebook, September 23, 2016 at 14:17.; Cove Guardians. "Looks like Bottlenose pod will be held overnight. We will continue to check on them.". Twitter, September 23, 2016 at 14:19; .
  10. ^ たかばべ園地への階段を登りながらライブを行なっていたドルフィンプロジェクトのダニエラ・モレノの後に続いて階段を登っているシーシェパード2名がライブに映っている。2名に対してモレノは「ハーイ」と挨拶をしているが、「It's the first time to see them」とライブで話しており、この日にシーシェパードが初めて現場に現れた事を示唆している。うち先頭を歩いている方は服装と人相からトレヴァートンだが、もう一名は体格から翌日24日のライブにも写っているジェローム・コンテと見られる。
  11. ^ 太地町にはかつて富士山信仰の浅間溝せんげんこうがあり浅間山には浅間神社が祀られ、明治時代の終わり頃まで山上には社や、白装束の修験者が寒行に出る道場もあったが、現在は屋敷跡が残るのみだという。▽浜中栄吉, 太地町史監修委員会. 『太地町史』 (太地町役場, 1979), 40-41頁.
  12. ^ 『自然公園法』. e-Gov, 最終改正:平成二六年六月一三日法律第六九号.; 『(3)利用調整地区制度の創設』. 環境省, 最終更新日:2002/11/19.
  13. ^ SSによるとトレヴァートンの裁判が今年8月にようやく始まり11月24日に公聴会が開かれるという。▽ "Sea Shepherd Captain Returns to the Faroe Islands to demand Landmark Trial Court Date". Sea Shepherd Conservation Society, August 2, 2016.; "Three Sea Shepherd Crewmembers Arrested in Faroe Islands for Protecting Hundreds of Dolphins". Sea Shepherd Conservation Society, September 17, 2014.
  14. ^ これまでのところ、入管はSSに関しては過去のビザ違反 (観光ビザで入国申告をしながら観光とはみなされない活動が主目的で入国した等) を理由にリピーターを入国拒否していると見られるが、死傷者の出ていない軽犯罪での国外での逮捕歴に関しては特に問題にしている様子はない。▽一方、活動家の大半がリピーターというドルフィンプロジェクトに関してはビザ違反に関してはSSと同じケースにもかかわらず今年1月に入国拒否されたリック・オバリーを除いてこれまでのところ入国拒否はない。
  15. ^ "Grindedrab: 14 aktivister anholdt". TV2, 31. aug. 2014, 15:57.
  16. ^ "The Japanese Propaganda Machine Strikes Again in Taiji". Sea Shepherd Global, February 16, 2011.
  17. ^ 田中俊之. 『捕鯨の町にはびこる「暴力活動家」 禁止区域侵入、脅迫状…』. 産経ニュース, 2012.1.22 12:00.▽これらの指導警告に関して軽犯罪法違反と和歌山県迷惑防止条例違反と指摘がされているが、これは産経新聞の記事がソースではなく「ぺるそな・のん・ぐらーた太地町」による指摘であり、ウィキペディアの記述はソースロンダリングによりこれらの情報が混じったもの。 『Illegal Actions of the Cove Guardians (「コーヴ・ガーディアンの違法行為」日本語訳付)』. ぺるそな・のん・ぐらーた 太地町, 2013年04月30日23:40.
  18. ^ "More Pilot Whales Slaughtered in the Faroe Islands". Sea Shepherd Global, 26 August 2016.
  19. ^ PropagandaBuster. "Sea Shepherd begs, Faroe Islands harvest, Japan preparess". YouTube, 2015/06/07. 動画解説に英訳が掲載。
  20. ^ 鼓脹症 (tympania):消化器内にガスが溜まり排出されなくなる疾患。一般には牛や羊など反芻家畜の胃内発酵過多として知られるが、鯨類やアザラシ、馬、猿、カバなどその他の哺乳類にも起こる疾患である。
  21. ^ "Do dolphins float or sink?". Dolphin Communication Project, 10-21-2014.
  22. ^ この点に関しては、バンドウイルカのキャシーが死んだ時に水槽の底に沈んで行ったというザ・コーヴにおけるリック・オバリーの発言はやはり現場経験者の証言である。
スポンサーサイト

当ブログからの引用・転載に関して

当ブログはリンクフリーとしますが、引用や転載に関しては以下の条件においてフリーとします。条件を満たしている限りはその都度許可は必要ありません。

1. 引用元の明示(作者不明の怪文書として拡散しない)
2. 内容の改変をしない(改変する場合は改変者の責任における編集である事を明記)
3. 営利目的に用いない。

なお当ブログにおける記事、写真、動画資料などの引用はフェアユースの条件または権利者の了解において行っているもので、アフィリエイトサイトの場合は条件が異なります。それらの二次転載によって権利者とトラブルになった場合は当ブログとしては責任は負いかねます。

Under section 107 of the U.S. Copyright Act 1976, the fair use of copyrighted materials is not copyright infringement. Article 32 of the Copyright law of Japan allows published works to be quoted for news reporting, criticism and research purposes. This blog is non-profit and using materials for criticism and research purposes that fulfills the condition of fair use.

はてなブックマーク - [シーシェパード] [太地町] 浅間山(せんげんやま)侵入事件の検証

コメント

無法者

相変わらずの無法者ですね。

しかし、blog主の解析能力には脱帽です。

  • 2016/10/15(土) 11:03:37 |
  • URL |
  • ednakano #1mRmjf4U
  • [ 編集]

ednakanoさん

ありがとうございます ^^
所詮は国際手配の犯罪者の率いる団体です。
さすがフェロー諸島で集団万引きをしていた連中ですね。

  • 2016/10/15(土) 12:28:36 |
  • URL |
  • 岩谷文太 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

コメントは承認制とさせて頂いております。
エントリーと無関係のご要件はツイッターやメールフォーム、又は足跡帳にて受け付けます。

管理者にだけ表示を許可する

初めてコメントされる方へ:
ネットの匿名性による安易さから非常識な訪問者が時々あるためコメントは承認制とさせて頂いております。当サイトはリサーチや情報発信を目的とする非営利サイトであり顧客サービス業ではないため、初めてコメントされる方は以下の点をご留意頂きますようお願いします。

・エントリーを読んだ形跡がないコメントや、エントリーと無関係なコメントなど、掲載する必然性のないものは受け付けません。

発言責任の所在が不明なクレームの類いは、原則として当サイトに対応義務はありません。クレームは出す側にも発言責任が生じますので通りすがりや名無しによるクレームは受け付けません。アクティブなソーシャルメディアID (ツイッターやFacebook等) や固定サイトなど、ネット上アイデンティティをご提示下さい。

・初来コメントの多くがコメントの後にアクセスのない「通りすがりの書き捨て」でレスをする意味がないため、初來コメントへのレスは同一IPによる再度のアクセスが確認出来た方に限らせて頂きます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。